広告配信CGI関係
設置方法などの詳細
CGI構成

 randbbs.cgi : TEXT表示用CGIパッケージ
 reg.cgi : 管理者モード用CGI(登録・削除)
 master.html : 管理者モード用HTMLファイル
 ./data/text.txt : 広告文の格納ファイル

設定方法

 ・reg.cgiの文頭の設定項目をそれぞれサーバーの環境に合わせて設定します。
 ・master.htmlへアクセスし、reg.cgiにて設定したID・パスを入力して広告文を登録します。
  広告文の数に制限はありません。
 ・登録内容を削除する場合は、同じくmaster.htmlへアクセスして該当する広告文を削除します。

 ・TEXT広告を表示したいCGIのperlのパス(#!/usr/bin/perl等)のすぐ下に以下を記述します。
  require "randbbs.cgi";
 ・TEXT広告を表示したい部分に以下を記述します。
  print "$text";
  この部分にTEXT広告が表示されます。

パーミッション(実行権・属性)

 randbbs.cgi : 755又は705
 reg.cgi : 755又は705
 master.html : 644又は604
 ./data/text.txt : 766又は706

注意

 ・広告を表示させるCGIによってはエラーが出る場合があります。
  この場合、randbbs.cgiの文頭の
  #print "Content-type:text/html\n\n";
  の部分の#を以下のように消去して使用してみてください。
  print "Content-type:text/html\n\n";

アクセス方法

 ・管理者モードは、master.htmlへアクセスします。ID、パスを入力して
  広告内容や、広告内容削除を行ってください。

 ・広告表示は、print "$text";を記述したCGIへアクセスすることによって
  管理者画面から入力したTEXT文が表示されます。

フリーCGIに関するお問い合わせ窓口はこちら----
お問い合わせ



Copyright (C) 2015 NNIポータルソフト All right reserved.