自宅設置の自社サーバーで快適ネットビジネス

ソフトウエア企画設計開発のNNIポータルソフト
フリーCGIダウンロード_NNIポータルソフト Free
CGI Download
業務用(商用)CGIダウンロード_NNIポータルソフト Charged
CGI Download
コンサル、ソリューションサービス_NNIポータルソフト Other Contents
& Service
総合ITサービス_NNIポータルソフト HOME

FTPパーミッションについて

Other Contents & Service

FTPについて
各種FTPソフトを使用してサーバーの自分のディレクトリへHTML及びCGIファイルや、画像データを転送することを一般にいいます。
自分でFTPを行うと頻繁にページの差し替えができその結果をすぐに確認でき、CGIの確認もその場で制作しながらできる等の利点があります。

1. パーミッション(属性)について
パーミッションとは送り込んだデータを自分や他のユーザーがR(読み)、W(書き)、X(実行)を出来る様に設定することを言います。 一般的にはFTPソフトやtelnetで設定します。FTPの使いやすさからこちらで行う方が多いようです。
一般のHTMLやGIFデータ、jpeg画像等はR,CGI等はRX,CGIなどを利用してHTMLファイルやデータファイルへ書きこむ場合はRWXの様に設定します。 telnetを使用して設定する場合は、chmod o+rwx *.*(*.*はファイル名)かchmod 644 *.*の様に打ち込んで設定していきます。
FTPでは、 644 の様に入力して設定します。
以外と忘れられていることが、自分のディレクトリのパーミッションです。 ほとんどのプロバイダーのホームページを置くディレクトリは/home/xxxx/USER/public_html/か、/home/xxxx/USER/www/の様になっているようです。 (ここのUSERとは、あなたが契約したときに付けたユーザー名をいいます。)
このpublic_htmlやwwwがあなたのホームページを置くディレクトリになっています。 このディレクトリのパーミッションがRWになっているとCGIは動作しません。 プロバイダー側で設定してくれる所とそうでない所があります。 この場合パーミッションをRWXに変更しなければ、CGIは使用できません。

2. FTPソフトでのファイルの転送方法
送り込むTEXTデータや画像データを選択しTEXTはTEXTモード、画像は、バイナリモードで転送します。 CGIもTEXTモードで転送してください。
確実に送り込むことを考えて、TEXTデータと画像データと2回に分けて送る方がいいと思われます。

3. FTPでのパーミッション設定方法
パーミッションを設定したいファイルを選択し、マウスの右クリックで属性の変更(実行権)を選択します。 開いたウインドウに644などの数字を入れてOKボタンを押します。

4. その他のFTPについて
ws_ftpや、ftp.exe等があります。
ws_ftpの場合。 FTP CommandsのSITEを選択。実行権(パーミッション)を設定するには、chmod 755 XXX.htmlと入力します。
ftp.exeの場合。 open hostnameでログイン。 cd ディレクトリ名で移動する。 実行権(パーミッション)を設定するには、quote site chmod 755 XXX.htmlと入力します。

5. 一般に使用するパーミッション
644------読み込みのみの設定をする場合。
666------読み込み、書き込みを可能にする場合。
755------読み込みや実行を可能にしたい場合。(CGIファイル等に設定します。)
777------読み込み書き込み実行を可能にしたい場合。

6. パーミッションのナンバーの意味について
パーミッションが754とすると--
最初の7が、自分に対する実行権です。
真ん中の5が、同じサーバーを共有する人に対する実行権です。
最後の4が、外部からアクセスする人に対する実行権です。

7. パーミッションの種類
数値
1 2 3 4 5 6 7
読む - - -
書く - - -
実行する - - -



Copyright (C) 2015 NNIポータルソフト All right reserved.