CGIからHPへ出力する際には以下のようにprintを使用します。 print "ほげほげ"; 変数の場合は、"は必要ありません。 print $name; CGIからHTML記述等を出力する場合は以下のように注意が必要です。 1、"は、エスケープ(\マークを入れる)すること。 2、必ず以下の記述を文頭に入れること。 print "Content-type:text/html\n\n"; 以下のように記述します。 #--------------------------------------------------------- print "Content-type:text/html\n\n"; print "\n"; print "\n"; print "戻る\n"; print "\n"; print "\n"; #--------------------------------------------------------- と、こんな感じです。 以下のような記述方法もあります。 #--------------------------------------------------------- print "Content-type:text/html\n\n"; print << "EOF"; 戻る EOF #--------------------------------------------------------- この場合エスケープは必要ありません。 以下のように、print << "EOF";の部分を変えると 記述した内容を代入することができます。 #--------------------------------------------------------- print "Content-type:text/html\n\n"; print OUT << "EOF"; 戻る EOF #--------------------------------------------------------- これでOUTに入りましたので、これをそのままファイルの書きこみする ことができます。 ここのページはこのようにして自動更新しています。 以下のようにして格納します。 #--------------------------------------------------------- $file = "./index.html"; if(!open(OUT">$file")) { &error; } print "Content-type:text/html\n\n"; print OUT << "EOF"; 戻る EOF close(OUT); sub error { print "Content-type:text/html\n\n"; print "ファイル書きこみエラーが発生しました。\n"; } #--------------------------------------------------------- これで、index.html書きこみします。 HPの自動更新などに利用できます。 #---------------------------------------------------------