エラー表示の基本記述は以下のようになります。 サブルーチン化しておくと、呼び出しが楽になります。  sub error {  $error = $_[0];  if($error eq "1"){$mes = 'データファイルの読み込みエラーが発生しました。';}  elsif($error eq "2"){$mes = 'データファイルへの書き込み時にエラーが発生しました。';}  elsif($error eq "3"){$mes = '名前が記入されていません。';}  print <<"EOF";  エラー    $mes      EOF  exit;  } このエラーの呼び出し方は以下のようになります。  &error(1); このように書くと、上記サブルーチンの1番(データファイルの読み込みエラーが発生しました。) が呼び出されます。